DNA75搭載 Hcigar VT75 26650なのに軽い?!

どうもどうもどうも!

ジャパネットならぬVAPEネットが
お送りする今回の商品はこちら!(違)

冗談さておき、ひっさびさにレビュー記事です。

今回はHcigarからリリースされたVT75のレビューです。

商品提供:オフィスエッジ
png

 

*VAPE使ってるとこんな悩み出てきませんか?

  • 温度管理機種多すぎて絞れないし、そもそも高い
  • 26650デビューしたいけど機能と値段が…
  • っていうかマスプロ品で全然売ってない…
  • 18650だとバッテリーの持ちが…

そんな悩み一発で吹っ飛ばしてくれるMODがこいつです。

 

vt9

 

*VT75のココがいい

  • 本体が意外と軽い

  • やたらとネジ精度がいい

  • 制御チップはDNA75搭載

  • 18650/26650両方使用可能

  • ボタンレスポンスが鬼のように早い

  • 最初から付属でビューティーリング付き

  • PC接続でインターフェイスカスタム可能

– 注目すべきは全体の作りの良さ

よくある中華プロダクトは、ネジ精度が悪かったり、

ここ一番でボタンレスポンスが悪かったり、チップがダメだったり。


色んな問題を抱えてるわりに値段が高いというのが当たり前でしたが

HcigarのVT75に関してはほとんど解消してます。


そして一番びっくりしたのがここ。

vt4

 

510のスプリング接続なんですが、510ベースが脱着可能なんですよ。

 

vt3

 

アトマイザーによってはコンタクトへのリキッドの侵入が

避けられない個体もあるため、掃除が一番のネックでしたが、

ここが脱着できるとなるとかなり楽ですし故障も避けられます。

 

vt5

vt6

しかも画像に写っている18650コンバーションチューブで

18650バッテリーでも運用可能です(28A以上推奨)


 

もちろん、いいところだけではなくデメリットもあります。

 

=ダメな点

  • カラバリが2種類しかない(しかも黒の塗装が雑)

  • ボトムコンタクトの調整に”-“ドライバー必要

  • 18650だとバッテリーによってはコンタクト調整がぎりぎり

  • コンパクトとは言えやっぱりPICOとかに比べるとでかいし重い

  • そもそも初心者が買うべきじゃない機種No1

 

まとめ

デメリット踏まえてもこれが実売12000円弱で購入できますし。
(電池別売り)


当時、DNA40搭載のVaperSharkデビューの時とか25000円でしたから。

短い期間でよくここまでコストカットされた機種が出てきたもんです。

今からVAPEを始める人たちは本当に恵まれてると思いますよ。

付属のビューティーリングできれいにRDAも収まるので僕は気に入ってます。

vt8

vt7

 

細かいディティールに関しては動画から!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です