SMOKがまた新しい商品リリースしたんですけども・・・・VAPE アトマイザー

今日はレビューです。

Smoktech – VCT Pro

このタンク、ボトムデュアルコイルなんですがStarreみたいなパラレルではなく、縦に2個コイルが入っています。

HPを見る限りUSAコットン使ってるみたいですが最初の雑味?ケミカルっぽさがひどい。
(リキッドが馴染んでくると消えてきますが・・・・)

ドリップチップにエアフローが付いているおかげでかなりミスト温度も下げられているんですが、それでもStarreよりは温度高いです。

おそらくコイル配置とエアの流入量ですかね。

エアフローコントロールもノンステップ調整なんですがロックが無いので回りっぱなしですぐずれちゃいます。

0.2Ω、0.6Ωの2種類のコイルが付属しているんですが0.2Ωは100WクラスのMODじゃないと使いこなせません。

推奨は80Wまで大丈夫って言ってるけど実質使えても70W程度まで。

ドリップチップ、口金ともに510規格。

うーん、Subtanki mini的なデザインで5mlまでは入るので悪い商品ではありませんがミスト温度の高さとエアフローの
アジャスターの構造が気になるところですね。

最近どこのメーカーもこぞってサブΩクリアロマイザーのリリースラッシュですがここまで来るともうほとんど差が無いんですよ。

なじんできた後の性能差はほぼ皆無で比較の仕方って完全に金額と見た目になってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です