VAPE MT3

VAPEの種類~本体

VAPE本体は、ざっくり分けて2種類あります。

みんなが一番見たことあるやつ

一番オーソドックスなタイプで、初心者が始める際には最適なモデル。
固定電圧式、可変電圧式など様々ありますが基本的にはペンのような長細い形のバッテリーにCE4,MT3などの安いクリアロマイザーが付属。

値段は安いものは3500円程度からあるが、品質的にはあくまでもお試しVAPEと言う感じ。

対応抵抗値は大体どの機種も1.2Ω程度までが多い。
(2014年後半までは)

テクニカルMOD(電子制御)

電子制御チップが中に搭載されているモデル。

*写真はINNOKIN iTaste MVP2.0

可変電圧、可変出力、アトマイザー抵抗値計測、バッテリー残量表示、コイル温度計測、オーバーヒートプロテクション、など幅広い機能を搭載しているものが多い。
(大体1.2Ωまでの機種が多いかな?)

形はチューブタイプ、BOXタイプなど様々。
例:INNOKIN・・・iTasteMVP2.0 など

サブΩ対応の機種も有ります
例:SVD2.0,iStick30W,XproM22など

メカニカルMOD

 

保護回路や電子制御のチップなどが一切無く、スイッチを押すとバッテリーから直接電気が流れるシンプルな構造。
チューブタイプからBOXタイプまで形は様々。

チューブタイプに関しては、テレスコピック構造、分割チューブ式など様々。
人によってはKickを噛まして使う人も居る。

アトマイザー側のコンタクトピンを調整したりRDAの場合はセットアップしたりと
いろいろとめんどくさい。

初心者の人には一発目使用は非推奨です。

*KICKとは・・・・
MODチューブの中で電池の間に設置する簡易型可変機構的なものです。
(現在のDNAのご先祖様的な存在)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です