AboutBattery

VAPE の バッテリー の話2

VAPEのバッテリー

一般的な種類は前回の記事でお伝えしましたが、
今回は表記の意味や判断の仕方を書いていきます。

まずこの画像を見てください。

 画像見てもらうと大体わかりますが
記述の説明はこんな感じです。


mAh

バッテリーの容量。ここの数字が大きいほど持ちがいいです。

IMR

リチウムマンガン系電池の表記です。一番右側にも「Li-MN」の表記ありますね。
ICRは使わないでくださいね。

サイズ – 18650

18が直径、650がバッテリーの長さです。

30A

ここが一番厄介で,このA表記には2種類あります。
連続放電での表記とパルス放電での表記。
この2つはまったくこの数字の意味が違ってきます。

基本的には4.2V÷Aで下げられる抵抗値が計算できるんですが
計算するととんでもない数字になります。
たとえば4.2V÷30A=0.14…って

絶対ダメですよ?

クラウドチェイサーの方々に聞く限り、18650の限界値は
下げても0.3Ωまでにとどめておいたほうがよいとのことです。
(0.3Ωという数値はいろんな人に聞いた平均値ですので安全な数値と言うわけではありません)
抵抗値が低ければミスト量が増えるわけではありませんから。

また気が向いたら書きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です