INNOKINからRTAがリリース??AXIOM SUB OHM TANK

とうとう待望のRTAの登場です。

 

INNOKINは前作のiSub用RBAで大失敗したのですが…

それを払しょくすべくRTAがリリースになりました。

AXIOM SUB OHM TANK

Point1:シングルビルドでもOK

シングル用のバッファーがあらかじめセットされているので
無理にデュアルコイルでビルドしなくても全然OK。

 

Point2:純正コイルが侮れない

純正コイルは28Gで巻かれた0.5Ωデュアルコイルですが
このポテンシャルが意外と高い。

漏れもないし味も抜群にいいです。

 

Point3:極薄トップキャップ

トップフィルタンクの欠点とも言えるトップキャップの厚み。

ほかのトップフィルタンクはごついトップキャップでどうしても

背が高くなりがちですが、AXIOMはかなり薄く作られているので

その分タンクの高さを抑えることができています。

ただ、薄すぎてほかの機種と比べて脱着し辛く感じる人も居るかも?


Point4:トライアングルのエアフロー

通常は2か所が主流のエアホールですが、AXIOMは3か所設けられていて
三角形の形でエアーが入る仕組みになっています。

なので見た目とは裏腹にドローは割と軽めです。


ここからダメだし。

 

ココがダメPart1:ガラスがでかい

タンク直径に対して若干ですがガラスがでかいです。

さすがにここは精度よく作ってもらいたいです。

 

ココがダメPart2:RBAのネジが緩む

ポールを固定しているネジが緩みやすいので定期的に締め付けが必要。
ビルド時に若干ずれてしまうこともあります。

ココがダメPart3:ドリチが圧入

手で回してもうんともすんとも言わないのでおそらく圧入です。
洗浄の時はトップキャップもろとも洗浄になりますから不便。

 

ココがダメPart4:ウィッキングがシビア

ウィッキングをミスるとダダ漏れ or ドライヒット地獄に陥るので

慣れるまで結構練習したほうがいいですね。

その代わりバチッと決まったときはかなりおいしく安定して吸えます。


まとめ

個人的には70点くらい。

後は値段次第だろうけど何より見た目がステルス感でてかっこいい。

SS削り出しと黒というシンプルなカラバリも良いですね。

人とは違ったRTAを楽しみたい人には持ってこい。

 

個人的評価(5段階)

ビルド難易度:★★★★☆
 見た目  :★★★★★
 ミスト  :★★★☆☆
  味   :★★★★☆

続きは動画で!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です