LIQUAがVAPEを出した?!RITCHY社が本気出してきた・・・・電子タバコ業界

地震雲見た瞬間Σ(゚◇゚;)←ってなった僕ですこんばんは。

さてさて、昨日じらした記事のないようついてなんですがPart1です。

初級VAPEユーザーから上級VAPEユーザー、みんなが一度は目にしたことがあるリキッドと言えば「LIQUA」が有名ですよね?
あのRDAで吸ったときの絶望に近いケミカル感の塊と言ったらもう_| ̄|○

特にメンソールと名ばかりのハッカ油リキッドを吸った瞬間は本当におなか下しました。(食事中の方すみません)
今考えればあれのどこがメンソールだったんだよと(泣)

一部RDAで吸ってもおいしく吸えるリキッドはあるんですけれどね(;´∀`)

しかし、月日は流れなんとそのLIQUAをリリースしているRITCHY社がVAPE本体をリリースしたのは皆さんご存知ですか?

それがこの商品

その名もLIQUA VAPING PEN。


LIQUA自体のラインナップも変更されてその流れでリリースされたこの商品。
ざっとスペック書くとこんな感じ。

バッテリー:650mAh 充電:MicroUSB(パススルー) アトマイザー:2ml(BDC) 標準コイル:2.0Ω

・短絡防止機能 ・10秒カットオフ ・バッテリー残量警告

と、一般的に売られているMT3スターターキット等とほぼ同等品と考えてもらっていいです。

しかし、コイルの作りや全体的なディティールは、流石有名メーカーという感じの仕上がりですね。
カラバリも潔く2色にしている点は一般市場に目を向けているのかなという感じ。

今のところ使って2週間程度たちますが特に不具合なく使えてます。

注意点としてはBDCという構造上、絶対リキッドは下に下りてきてジュルジュルになるので、
できる限り横にするか逆さまで保管をしたほうがいいと思います。

無論今ほかのVAPEを持っている人は物足りないですし買う意味もあまりない商品ではありますが、
「VAPEってどんなものか試したい」「あんまりゴツイのはちょっと・・・」
っていうユーザーさん向けのスターターキット。

カフェでコーヒー飲みながらスーツ着た人がポケットからスッと出して吸ってたらすごくおしゃれな感じです。
値段はちょっと高めだけれどブランド品と考えれば安いかも?

とまぁ原点回帰な商品のリリースって割と新鮮な感じでいいと思うんですけどね。(すでにハイエンドへ行ってるユーザーさんからは総スカンくらいそうですが・・・)

でもね?よく考えてみてくださいよ。
いま現在ビジネスマンや一般の方に向けて小型化されて普通に扱える商品って正直少なくないですかね?
EgoやVisionなどがありますが長すぎるって言う人もいるしそもそもVV機能すら要らない人もいます。
って考えたときにパッケージみてリキッドの種類がわかるし、何も知らないユーザーさんには良心的な商品じゃないかなと。

それでも高いって感じる人はノーブランドでもいいですが・・・・・
名の通ったメーカーがリリースする意味は値段云々って言うところじゃなくてブランドに対する信頼だったりしますから。
(無論ビジネスですからお金儲けて何ぼですけどね)


ちなみに手にしたときはかなり懐かしさを覚えましたよ(笑)
ああ、自分もこんなタイプのVAPEからMODとかの沼にハマっていったんだなぁと:(;゙゚’ω゚’):

皆さんも沼にハマるのはほどほどにしておきましょうね|Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です