VAPE 電子タバコ メカニカルMODの電圧低下でどれだけ違うのか?

疲れ果てて死亡フラグがたってた僕ですこんばんは。

(そのまま死ねばよかったのにって突っ込みは無しでお願いします)

車ネタが続いたので今回はVAPEネタで行こうと思います。
Twitterで質問いただいたのですがメカニカルMODを使うときにバッテリーは何Vまで使えるのか?
Vが落ちてくるとどんな状態になるのか?

それを今回は動画で撮ってみました。

テスト条件

A・Efest 30A 3.5Vまで使ったもの
B・LAVACELL 30A 4.2Vフルチャージ済み
メカニカルMODにRDAをセットして実験したところ以下の結果に。

A・立ち上がりが若干遅い、ミスト量も気持ち少ない。

B・立ち上がりが早い、ミスト量も多い。


映像では目に見えてわかりにくいとは思いますが実際に比較するとスイッチを押した瞬間からの立ち上がりは明らかに4.2Vのほうが早いです。
(当たり前のことなんですけどね・・・・・)

もちろんコイルのセットアップによって状況は変わりますがそれを加味してもやはり過放電になるまで
バッテリーを使うのは負担がかかるのでやめたほうが良いです。

IMRバッテリーであっても回復しない電圧まで使ってから充電すると事故を引き起こす可能性はゼロではありませんし・・・。
実際に使ってみるとわかりますがメカニカルは電圧が下がってくるとAの症状が顕著に現れます。
※MOD本体の抵抗が大きく通電ロスが大きい機種では感じづらい可能性も否めませんけどね。

バッテリーは充電して繰り返し使えるものですが限界は必ず来ますし半永久的に使えるものではありません。
もし充電しても4.2Vまで満タン充電できなかったり、2.5Vまで落としてしまって回復しない場合はバッテリーを新しいものに変えることをお勧めします。

※間違えてる解説の部分があれば問い合わせから連絡いただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です