VAPE 電子タバコのリキッド – 結局LIQUAって味変わっただけ?

毎日悪夢にうなされて朝7時に起きる僕ですこんばんは。


さてさて、動画でのLIQUA Qのレビューをアップしたわけなんですが根本的に何が違うねんと。

その辺お話したいと思います。

まずまったく違うのは味、これは動画でも話しましたがピーチ以外はかなりいい方向になってます。
なんでピーチだけあんなに代わり映えしなかったのか・・・・

次に外観の最大の変更点 

1・容器

これは明確に変わりましたね。
今まで普通のチューブボトルでしたが四角い形のボトルに変更されてます。
転がってしまうこともないしチャイルドロックも少し硬くなりました。


その反面、キャップが開けづらい、容器が硬いので絞りにくいという点は否めません。


2・注入口

これは見てのとおりですね。

従来の口より細くなってペンタイプのクリアロやRDAなどへのチャージがしやすくなりました。

 

すべての面で前作を上回っては居ますがさすがにUSリキッドなどのはじけた感じはないのでそういった意味では
つまらないリキッドなのかなと。


ただ、自社で成分分析をしてデータシートを開示したり、STOP UNDER20のマークを入れてくれるなど
安全面への配慮はどこのメーカーよりも
きちんとしているのではないでしょうか?

LIQUAって昔は本当にくそマズリキッドの代名詞にされていたけれど時代が変わり、流れも変わって
気軽に買えるいいリキッドに変化したのは確かですね。

ただ・・・アメリカなノリの複雑な味のリキッドをお求めの方には残念ながら合いません(;´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です