SONY VTCバッテリーの本当の性能ってどうなの? VTC4 VTC5 VTC6

僕も長く使っているSONYのVTCバッテリー。



VAPE用バッテリーの中でもかなり高性能で有名なバッテリーなんですが、

VTC5あたりからちょっと変わってきました。

一部ショップのラインアップ見ていると

 

VTC5 最大30A

VTC6  最大30A

 

って書かれてるところもあるんですがコレ実際は違ってるらしいんですよ。

(まぁ書いてる本人も最近まで間違ってたんですけどね)

 

海外のフォーラム見てるとかなり詳しく書かれているのでChrome使ってる人は

アドオンで翻訳使うと内容大体わかると思います。

 

以下海外フォーラム直リンク

SONY VTC4について

SONY VTC5について

SONY VTC5Aについて

SONY VTC6について

 

調べてみるとあまり日本では見かけませんがVTC5Aって言うセルも存在してるみたいで

このバッテリーは容量が2500mAhで連続で25A、パルスで30Aって言うなかなかのスペック。

(一応売ってるんだけど日本国内だと実店舗とかはめちゃくちゃ少ないと思う)

 

 

SONY VTC3  容量1600mAh  連続放電30A パルス放電40A

SONY VTC4 容量2100mAh   連続放電30A パルス放電30A

SONY VTC5A 容量2500mAh   連続放電25A パルス放電30A

SONY VTC5 容量2600mAh   連続放電20A   パルス放電25A

SONY VTC6 容量3000mAh   連続放電15A パルス放電25A

 

VAPE TOOLと海外フォーラムから引っ張ってきた数値的には大体こんな感じ。

ただしVTC5Aに関しては実測値の数字から連続放電のA引っ張ってきてます。

なので30Aって書いてあっても実質使えるのってVTC5なら20Aまで、

VTC6に関しては15Aまでってことでしょうね。

 

ただこの辺ホント微妙な話題ではあるのでどこが絶対に正しくてどこが間違ってるのかって

すごく言いつらいところなんですけどね。

実際データシートの解釈で最大Aの解釈ってずいぶん変わりますし。

 

特に最近NI80のヒューズドクランプトンとか抵抗値は極端に低いけど

鬼のように立ち上がりが早いコイルとかの登場もあって必然的に抵抗値は

0.3Ω以下で使う海外のVAPERも増えてますからトリックやクラウドチェイスを

やってみたいって言う人は特にバッテリーには注意したほうがいいと思います。

(ちなみに推奨はせんけど0.15Ωとか普通に使ってますからね普段)


メカニカルMODで使う場合は特にバッテリーの性能に依存しますからね。

 

まぁ何が正解かは書いてる本人も知らんけどとりあえずメカニカルに限らず

低抵抗で使う時点でバッテリーそのものの温度自体に気を付けるに越したことはないし

テクニカルやからっておごってるといつか事故起こすよってことなんで気を付けて使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  1. igorofu より:

    いつも見てます!質問なんですが先日サブゼロXのレビューで使用していた太いクラプトンの製品名を教えてもらえませんか?プリメイドではなくロールになっているものがほしいんですが。。。

    • YUU より:

      あれはGeekvapeのプリメイドコイルになります。
      現状日本では売っているところ見たことないですね。

  2. より:

    いつも動画拝見しています。バッテリーの動画も見させていただきました。
    いつも参考にさせていただいています。
    VGOD PRO 150TC BoxModを新しく購入したのですが
    バッテリーをVTC5にて使用しようと思っています。
    こちらのサイトを見ていたら30Aではなく20Aと記載がありましたので
    それならバッテリーはVTC4の方がいいかのかと思い質問させて頂きました。
    どちらのバッテリーにて使用した方がいいか教えてください。
    よろしくお願いします。